解体工事業者をお探しなら、安心見積もりで解体のアド解体プランナー

愛知・岐阜・三重で解体工事・内装・原状回復・アスベスト除去・建設リサイクル代行をお考えならアド解体プランナーへ

アド解体プランナー公式ブログ

アスベスト、石綿

アスベスト(石綿)は、天然に産まれる繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。繊維が極めて細いため、研磨機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が吸入してしまうおそれがあります。
アスベスト(石綿)は、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られています。
今後アスベスト含有の建物解体がピークを迎えるにあたり、当社へのアスベストのご相談・見積・調査依頼が増えると思われます。アスベスト建材が多く使用されていた建築物の老朽化に伴う解体工事の際のアスベスト問題がマスコミ等で大きく取り上げられるようになっております。原状の建築物にアスベスト(石綿)が使用されてないか解体工事をする際に事前調査・分析が必要だとされています。 今後アスベスト含有の建物解体がピークを迎えるにあたり、アド解体プランナーではアスベスト診断士、特別管理産業廃棄物、石綿管理責任者の等の資格保有者がおりますので、自信を持って解体工事・アスベスト分析・アスベスト除去工事を一貫しておこなっています。

 

#解体工事 #解体工事費用 #安心 #安全

#無料見積 #無料相談

お気軽にお問合せ下さい。

お客様専用ダイヤル

0120-178-315

 

 

 

空家

立冬の今日

愛知県の西三河南部地方に現場調査依頼を受け

車でGO!

物件の依頼者は県外に住んでおり、現在は空家、数年前に

今回の解体依頼物件に住んで居られたお母さんが亡くなられて

その時からそのままの状態であると言う、家屋内の残置物も

そのままの状態で使用されたモノがそのままでした。

近所から苦情が出て役所に問い合わせがあり、

所有者の方に連絡が入ったそうだ。

空家を放置しておくと不用心で人が入って

火の不始末の結果、火事になってしまう恐れもありますね。

 

私どもが現場調査を行うにあたり

一人で行うと結構怖いんですよ!!

所有者の方はまず中にお入って来ない、

当然、電気などはなく、懐中電灯を持ち一人で入って行く訳です。

これって本当に怖いですよ!!

なんかの死骸を踏んだり、床が抜けて足が落ちそうになったり

無事に出て来ても蜘蛛の巣だらけ

私ではないですが、友人の解体屋のおやじが

やはり、暗闇の中に入って行き、足がぶつかったんです!  「ワー!!」という声

そのおやじも「ワー!!」と・・・・・・

浮浪者が入って来ていて寝ていたそうだ

双方ともパニック!!!

建物解体をやっていると

結構、面白い事多いです。

今回の場合はその様な状況でなく

解体を依頼された方も中に入って

現場状況を判断されておりました。

遠方の方からのご依頼も多く

現場調査から滅失登記まで全て此方に任せて頂いて

ご依頼者の負担を軽減するように心がけております

安心・安全 第一で!

#解体工事 #解体工事費用 #安い

#アド解体プランナー #無料見積 #無料相談

お気軽にお問合せ下さい。

お客様専用ダイヤル

0120-178-315